伊計島に移住した関西人のスローライフと島おこし

2013年沖縄へ移住。元、リラクゼーションオーナー。人と人を島をつなぐ活動家であり多趣味でガーデニング、ビオトープ、マリンスポーツ、 空手、犬猫、バイク、車、美容整体、農業、うちカフェ、自家菜園、伊計島発信ブロガーとしても活動中。やりたいことは全てやりつくす派。

沖縄あるある

後半グダグダな9月でしたが気分改めて!沖縄も朝晩だいぶ涼しなりました。 雨も多いですね〜 沖縄の高齢者(90才以上)の女性の名前についてなんですが、なんでまたこんな名前を?てのがあります。 とにかく動物など変わった名前が多い。 ウシ カメ なべ カニ カマドなど… 人の名前に「鍋」とか台所周りの名前つけるなんて、よほどめんどくさかったのか? 知ってはいたんですが、最初はビックリしましたよ。 高齢者の某、養護施設に仕事で行ったとき。。ヘルパーさんが小走りで叫びました。 ウシさんが下痢です〜〜〜!と… 私の頭では、こうね。 牛さんが下痢……?( ̄◇ ̄;) あと、きゃーーー!なんが、 オメガさんとかね。・゜・(ノД`)・゜・。苗字も、すごい。絶対読めへん字とかね。屋部と書いて、「やぶ」て読みますが、病院とかだとマズイですね。 やぶ医者←あかんやろうこれ 地名で北谷「ちゃたん」は、シンプルに「キタタニ」と読んでいましたし、「為又」と書いて、「ビーマタ」これも、「タメマタ」と読んでました。 書ききれんくらい、まだありますがね。 やはり「漫湖」が、どうしても言えませんッ(>人<;)