伊計島に移住した関西人のスローライフと島おこし

2013年沖縄へ移住。元、リラクゼーションオーナー。人と人を島をつなぐ活動家であり多趣味でガーデニング、ビオトープ、マリンスポーツ、 空手、犬猫、バイク、車、美容整体、農業、うちカフェ、自家菜園、伊計島発信ブロガーとしても活動中。やりたいことは全てやりつくす派。

みんないいな、と言うけど

移住することを公表してからTwitterFacebook、直メールなどで沢山、

応援メッセージをいただいてます!

「沖縄に住みます」この部分だけを見たり聞いたりした人は、羨ましいとか、

いいな〜とか思うでしょう。

しかし、そこまで決心する道のりはかなり険しくて、時には死をよぎることもありました。

人を信じることも出来なくなったし完全な人間不信に。

付き合いを続けていた友人は私のことを、活動的な鬱、と言ってました(笑)

そんな状態でも、何とか今後の生き方を考えることはできたからマシなんかもしれないが。

とにかく、今まで便利な都会にいて何不自由なく暮らしてきて、仕事だって探せばある。

でもただひとつ、欠けているものが。それが私にはわかったし、行くなら今しかないと思った。

今回の記事で何を伝えたいかと言うと、やればできるってこと。

何もしないでは、始まらないから行動しなさいてこと。思い切って動いてみるといいし、

できるかな?とか空から降ってくるかな、なんて思ったところで何も発展しないし生まれてこないね。

しっかりと目標を立てて立ち向かえば、必ず開けてくるし、支援する人も増える。

なんかいいことないかな〜と暇を持て余してるのなら、尊敬される者になりたいのなら行動すべし。

保守的に小さく生きるのもいいけど、年とともに考え方まで老けこんでしまうからね。

若いのは見た目と年齢だけじゃない、精神年齢!子供みたいなやつて言われればいい!