読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊計島に移住した関西人のスローライフと島おこし

2013年沖縄へ移住。元、リラクゼーションオーナー。人と人を島をつなぐ活動家であり多趣味でガーデニング、ビオトープ、マリンスポーツ、 空手、犬猫、バイク、車、美容整体、農業、うちカフェ、自家菜園、伊計島発信ブロガーとしても活動中。やりたいことは全てやりつくす派。

2016伊計島ハーリー 海神祭

沖縄移住 伊計島 スローライフ マリンスポーツ うるま市 沖縄文化 オートバイ

今年はハーレーではなく、ハーリーに乗って掴んだ思わぬ幸運!

f:id:nagomiyasu-okinawa:20160627101933j:image

 

ほんとは、バイクのイベントへ夫婦で行くつもりだったけど、島暮らしの私らにとって、死活問題に欠かせないと判断し、ハーリーを最優先しました。バイクなんていつでも乗れる。

この判断がのちに大正解でした。

 

私はふだん、島内にいるのでほとんどの島ンチュが私を見知りおきしています。

最近は老人会の方も、うちの屋敷旧名の「山田屋ー」ではなく、「さいとうさん」と覚えてくれました。

 

仕事上数ヶ月に一度しか島内にいない、うちの旦那さんにとって、人付き合いは苦痛に近い。

ふだん、おとなしくてあまり人との交流を極力避けたがる性格ですからなおのこと!

※私とは正反対ですね(笑)

 

そして、今回は旦那さんの休暇がたまたま、ハーリーに当たり、これは大チャンス!!と、思ったので、会場設営お手伝いに、旦那さん1人で行かせたんですが、私が同伴しなかったがため、挨拶をしても無視され、しばらく放置されてたらしく…よほどキツかったんでしょうね、家に帰って落ち込んでいました。

 

 f:id:nagomiyasu-okinawa:20160627102035j:image

 

私も婦人部の仕事があったので、とっても忙しいけども、嫌がる旦那さんを引っ張り、再度、同伴で行くことに。私の顔は皆さん知ってるわけで、「なんだあんたの旦那かいな」てことで、なんとかクリア。

f:id:nagomiyasu-okinawa:20160627101908j:image

 

設営後は夕暮れから深夜まで前夜祭とかで、島ンチュらと栄養会。

(栄養会)ってなんぞや!?

行ってわかりました。

 

出ました!ヤギです。ヤギ汁です…

 

f:id:nagomiyasu-okinawa:20160627102052j:image

新入りの私は、接待係なんでヤギ鍋の前で、お椀につぐ役目f^_^;)

臭い!

 

f:id:nagomiyasu-okinawa:20160627102107j:image

重度の人見知り、初めての参加、初めて見るヤギ汁と漂うヤギ汁の匂いを目の前に、旦那さんはますます恐怖にかられたのでないでしょうか。

 

f:id:nagomiyasu-okinawa:20160627102128j:image

な、何がはじまるのか!!!

ちょうど、うちの工事業者さんが仕事を終えた時刻だったんで、横に同席してもらいました。

彼はウチナーンチュですから、ヤギ汁!?目がハート、みたいな勢いで参加。

 

そして当日。

f:id:nagomiyasu-okinawa:20160627102227j:image

 

初参加のハーリーで、人員が足りんからとあっちの船こっちの船と借り出され、ほぼ全レースを漕いで、AチームBチームともダブルで優勝したので、たちまち島ンチュ中でヒーローとなったうちの旦那さん。

 

f:id:nagomiyasu-okinawa:20160627102311j:image

 

10回以上は漕いだらしく、あまりの体力に島ンチュがびっくりして、「少し休んでいろ」と言うほど。

f:id:nagomiyasu-okinawa:20160627102248j:image

 

両チームで優勝…となるとお疲れ会も、あちこちハシゴです。これも任務だ頑張れ!!

あいにく、酒だけは強いので(笑)


人間、やってみなきゃわかんないし、とりあえずトライする勇気で思わぬ幸運を掴むきっかけになりますね!

f:id:nagomiyasu-okinawa:20160627102554j:image

 

島は特に仲間意識が濃くて難しいし、移住者で内地の人間…となるとなお難しい。

ちょっとしたことが原因で人間関係をこじらすことも。

こじらしたら最後、辛い日々となり島にいれなくなり出ていく人も多いと聞く。

 

旦那さんの快挙で、私まで褒められました(笑)今後は模合にまで入れてもらうそうで、趣味の話も合うみたいで良かったです。


こうして積極的に入っていくことが沖縄生活では欠かせないとしみじみ思った、伊計島ハーリーでした。