読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊計島に移住した関西人のスローライフと島おこし

2013年沖縄へ移住。元、リラクゼーションオーナー。人と人を島をつなぐ活動家であり多趣味でガーデニング、ビオトープ、マリンスポーツ、 空手、犬猫、バイク、車、美容整体、農業、うちカフェ、自家菜園、伊計島発信ブロガーとしても活動中。やりたいことは全てやりつくす派。

湧き水が呼び込んだ出会い!

先日、中城ミージャーガーへ行ってきた記事を書きましたが、続きがありました。 ミージャーガーへの経路を案内してくれた、アンティークショップチム ドンドンの、おじさん。 実は、この時にちょっとしたアクシデントがありました。 湧き水を発見したあと帰り際、おじさんの軽トラックが危うく、転落しそうになったのでした。 外傷はなかったものの、心配で心配でたまりませんでした。 おじさんは、私達に「僕は大丈夫ですから、早く帰りなさい!気をつけて帰りなさい!」と言うので、御礼を言いながら帰ってきてしまったのです。 そのおじさんは湧き水のあった中城の区民ではなく、私が現在暮らす同じ区民だったことが話していてわかり、たいへん喜んでいました(^o^) 沖縄は沖縄でも、同じ町民てわかってすごい嬉しかったようで、なんか不思議な縁だなあ〜て思います。 で、私は戻ってからバターケーキを焼いて、後日伺うことにしましたよ。 パーラーで、焼いてから次の日に電話を入れました! そしてお互いの地元付近の食堂で会うことになりました。 名刺を渡していたんだけど、おじさん、翌日パーラーを探してくれたみたいでした(^o^) おじさんの友達も一緒に3人でごはんを食べて、色んな話をしましたよ! (周りから見たらおかしな図やけど(;^_^A) 沖縄県民の本音の部分も少し聞けました。 できれば、僕らみたいな年金生活者の移住じゃなく、アヤちゃんぐらいの若い人たちにたくさん、沖縄に住んでほしい!そして事業とかやって盛り上げてほしい!ウチナーンチュとたくさん交流して広げてください。どうか、ずーっと沖縄にいてね、帰らないでね!と… 年配者に住まれても、医療費がかさむし、沖縄は貧乏な島だから… なるほどねえ!! そう言われて、妙に納得するわ。 最後に、おじさんが軽トラックの荷台から私に…と出してくれたのが、先ほど仕入れたばかりの商品でした。 だ、脱毛機(笑) 沖縄の年寄りは、カメーカメするけど 絶対に断っちゃいけないよ? お茶を出されたら必ず2杯飲むように! など、いろいろ教えてくれました。 お茶を1杯しか飲まないのは、よくないらしい。 仏さんに出すお茶が1杯なので、あなたは生きているんだから必ず2杯飲むんだよ!!と… ありがとう、おじさん。 また遊びにいきます(^o^) アンティークショップ チム ドンドン 中城村字新垣1579-2 ぬーし 新屋さん。 よろしくお願いします(^o^)