読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊計島に移住した関西人のスローライフと島おこし

2013年沖縄へ移住。元、リラクゼーションオーナー。人と人を島をつなぐ活動家であり多趣味でガーデニング、ビオトープ、マリンスポーツ、 空手、犬猫、バイク、車、美容整体、農業、うちカフェ、自家菜園、伊計島発信ブロガーとしても活動中。やりたいことは全てやりつくす派。

来る人帰る人

私が移住する1年前に関東から家族で移住してきた茜さんが、沖縄生活を終えて内地に戻ることになりました…>_<…

茜さんとはこの、てぃーだブログで出会い、移住計画をして行き来していた私に沖縄生活のノウハウやアドバイス、細かい家庭の知恵や文化の違いや裏話なんかを教えてくれた人です^ ^

過去のバックナンバーはこちら

過去の記事を読み返すと恥ずかしくなる(・_・;ほんと、素人目線でいてワクワクしながら移住に向けて胸膨らましてるカンジ!

その私はいま、移住したい人からの数々の相談を受けたりして、実際暮らしてみてわかる自分の体験からの生々しい沖縄生活の実態を良いも悪いも含めアドバイスさせてもらっている^_^

私も来月にはウチナーンチュの家に入るため、この本部町を出ていくのだけどお互いに最後に会える場所を、此処にしたかったので、今日は茜さん家族と一緒に「思い出づくり」をしに本部〜今帰仁を巡りしてきました。

今帰仁の、ココニールでランチ。

天気すごく良くて古宇利島も海がメチャ綺麗だった〜!

アイスクリンカフェの夕覧船にも久々に行って、美和さんからスペシャルチケットをいただきました(笑)

ココちゃんも大喜び!^_^

茜さんも、移住した時には私と同じように夢と希望に満ち溢れていた。

いろいろなことが一気にありすぎて

「なんか違うかも」と疑問を感じ続けた結論が、内地に戻ることだったんかもしれない。それはそれで、また新たな「出発」だと思う。そんな話をゆっくりできた、一日でした。

そう、沖縄暮らしは良いことばかりでは、決してアリマセン!( ̄^ ̄)ゞ

沖縄に暮らす私を尋ねて、年間に大勢の友達なんかが遊びにきてくれた時には必ず少ない時間でもプランを練り、ローカルな場所から穴場スポットまで案内したり、

自分ちに招いてBBQなりプチ宴会をしたりしてもてなすのだけど、それは私にとっての「おもてなし」精神てゆうか、したいからしてるだけ!

でも実際には沖縄の人がそんなプラキャンみたいなパーリー的な生活をいつもしてるワケではないからね。

私は内地にいるときから、仕事がらもあって人を家に招くのが好きでした。

そして料理を作ってワイワイ食べる…

でも実際は…

こっちの人って、誘うと来るけど基本、人を家に入れたがらない部分がある。

良く言えばシャイですし、悪く言えば内向的。

社交辞令で成り立っている部分もあるかな。

約束していてもその時間に来ないのは、ごく当たり前で、それは普通のことなのでまだ、いい。(良くないのだけど(^^;;)

人を半日以上待たせて時間を拘束した上に、自分の都合で夜遅くに押しかけてきて「ごめん」の一言もない、という残念な話がつい最近、知り合い同士にあった。ウチナーンチュ同士でさえ、こんなことがあるからね。

でも、全てのウチナーンチュがこうではないです。もちろん一部の…です。

これは、住む地域の地域性にもよるんだろうけどね。

こういう部分て、観光で来て「沖縄いいな住みたいな」ていう人には驚くべき事実。その文化の違い、ギャップに耐えれない人はがっかりするか、沖縄では暮らしていけないだろう。

そして隠していたって住めばバレる事実。だから良いことばかりではない、てのはこうゆうこと。

私はこれからウチナーンチュの家族になるのだけど、自分を尋ねて遊びに来てくれた友達や身内を、上がらせて茶のひとつも飲ませてあげれないことだけは、したくないなあと思う^ ^

良い部分も悪い部分も含めて好きになれるかが、快適ライフを送る鍵だ。

茜さん、約2年の沖縄ライフ、お疲れ様でした!そしてこれからは私が迎えてあげれる立場になり、今後の来沖を歓迎できるようにパワーアップしとくんで、ぜひまた沖縄に里帰りしに来てくださ〜い!