読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊計島に移住した関西人のスローライフと島おこし

2013年沖縄へ移住。元、リラクゼーションオーナー。人と人を島をつなぐ活動家であり多趣味でガーデニング、ビオトープ、マリンスポーツ、 空手、犬猫、バイク、車、美容整体、農業、うちカフェ、自家菜園、伊計島発信ブロガーとしても活動中。やりたいことは全てやりつくす派。

極小猫のオキちゃん妊娠

4月24日に伊江島の農園でもらってきた三毛猫のオキちゃん。

すごい小さくて生後3〜4ヶ月くらいに思ったのやけど…

ワクチンと避妊手術の相談で、本部町にある動物病院「そらの救急箱」にて受診したところ、歯の具合から生後1年は経過している!と言われ、先生も開業発!の極小猫にビックリ!Σ(・□・;)

「体重が2キロなるまでは避妊手術することできません」とも言われ、何とか体重を増やそうと食べさせていました。

それから2ヶ月経過。体重はわずか100gくらいしか増えていないのやけど、異変が!!!囧rz

ちょうど先週、内地から友人が来ていて、いつものユンタク仲間とウチで宴会していた時…

みんなが一斉に

オ、オキちゃん?お腹!!囧rzΣ(・□・;)

絶対、妊娠してるはずよ!!と全員が口揃えて言う。

途中で帰宅した相方が、すました顔で

「妊娠?ないない!だって体重増えとらんやん」て言い切りよった!

私はずっと以前から、異変に気づいていて、まず乳首がピンクになり膨れてきたのだ。

先住猫のフジコさんの乳首と見比べたら一目瞭然でわかるのに、それでも私の訴えを相方はことごとく無視。

「こんなちっちゃいのに妊娠するわけないじゃん」と。

だけど昨夜、妊娠確定した。なぜならば、腹が一段と横にせり出し、グニュ!と動いたから。

ヒィィーッ(((((((;゚Д゚)))))))!!!

だから言ったやんけ!!!

早速、仕事終えて動物病院へ駆け込む。

エコーをあてながら先生が叫ぶ。

えー!嘘でしょうーあなた、こんな小さいのに赤ちゃんいるのぉ〜〜((((;゚Д゚)))))))

もう赤ちゃんの背骨がくっきり!!

見るからにお腹が出てわかるような姿になると、だいたい産み月らしく、2〜3日前後で産気づく恐れが。

ただでさえ体が小さいので難産になり大変!と、先生が緊急手術の手配をしてくれましたが、早くて明後日。

それまでに産まれない事を願いながら手術前の血液検査などを済ませ手術同意書にサイン。

体重も子供の分増えてはいるものの1.7キロしかなくて、見た目は変わらない。

NKB48、フジコさんを抜き総選挙で見事に一位になったオキちゃんはやはり、肉食系でした…(−_−;)