伊計島に移住した関西人のスローライフと島おこし

2013年沖縄へ移住。元、リラクゼーションオーナー。人と人を島をつなぐ活動家であり多趣味でガーデニング、ビオトープ、マリンスポーツ、 空手、犬猫、バイク、車、美容整体、農業、うちカフェ、自家菜園、伊計島発信ブロガーとしても活動中。やりたいことは全てやりつくす派。

少しずつ活動していくことで

移住してきて4ヶ月経ちました!

毎日たくさんの人と出会いありながら、まだ始まったばかりです(^^)

年々、増える移住者の数ですが、全ての人が成功するわけではありません。

私のとこにも、たくさんの相談があるんだけど、移住目的のパターンとして二つあるんだと思うんです。

ひとつは

今の現状から逃れたい為に移住する。

あとひとつは

地域性や暮らしのこと(仕事も含む)全てにおいてリサーチした上で自分に合った地域を絞る。

もちろん後者の考えが良いにこしたことないんだけど前者の理由も場合によってはアリ。環境を変える、とゆうことは良い流れに変わることになる。

ただ、諸事情などはキチンと整理してから来た方がいいかも。ただの「逃げ」になるし、たちまち負の連鎖が始まることに。

地獄の中で天国を見る生活していると現実に引き戻された時にとてつもない疎外感に見舞われます。

仕事に追われる→生活の危機→もう帰ろうかなみたいな。

お金たくさん持ってきてもすぐに底つきます。1番必要なのは「友達を作る」こと。沖縄に限らずどこ行っても同じやけどね。

年中温暖な海に囲まれての島暮らしは誰もが憧れです。

だけど、働かなくてはやっていけません。多くの人が、この「仕事」で挫折しリターンします。あと、人との繋がりはとても重要。

沖縄だなら「なんとかなる」と言うのは「人と共存する」からなのです。

自分から何の情報発信もせずに、人とは繋がれません。

仕事も暮らしも全て、自ら発信していくことで初めて、人に出会えます。

ただやみくもに発信しても、良いも悪いもどちらもついてきますので、良い方へ変えていくには、その土地の人を好きになる、ということをしなければなりません。

沖縄には「うちなータイム」という言葉があります。

とにかく気楽にのんびり、急がない、焦らない、よんな〜よんな〜です!

そーゆー私も、移住歴長いパートナーにいつも

もっとノンビリしなさい!て、言われてます(-。-;

悪く考えると「いい加減」に聞こえるんやけど、この「てーげーさ」を好きにならなければやってけないよ!

今のうちに何か出来ないかな?と友人達と一緒に、最近Facebookで面白いページ作りましたよ。沖縄移住者とうちなんちゅの情報交換の場です。

ふつーは個人の店や活動内容を宣伝する為のページやけど、誰もが参加できる投稿型の宣伝です。

ここに、私が出会った方々の活動内容を掲載しています。

お店をやっている人や、ボランティア活動、モノづくりなどジャンルはさまざまですが、それらをシェアしていくことで、より多くの人に情報発信できる。

沖縄で生きていく為に、人と人が繋がりを持つことは財産になります。

今は目に見えなくても、やがて大きな得を産みますよ!

自分さえ良ければいい、ガリガリ君(我利我利)にならないためにもo(^▽^)o

郷に入れば郷に従う。そこの人達を好きになれば、自分を好きになってくれていつか財産に変わる!